スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

It has been long time

久しぶりにブログを書きます。

今年に入ってからの出来事といえば…
1月にTOEIC、2月にほんやく検定を受けました。
ほんやく検定は自宅で受けたんですが、
初めてで要領がよくわかってなかったのと、
準備不足で思わぬ失敗しました悲しい
でも、自分に何が足りないかがわかっただけでも
受けた価値はあったかも。
はっきり言えるのは、たとえ正確に訳せても、
訳すスピードが遅い、ということかたつむり
なんでも早くするのが苦手な私だけど…
経験を積めばスピードもあがってくるのかなぁ。
これも慣れだと思って前向きに頑張ろうと思いますペンギン

それと、勤めている会社が合併して、4月から新しいスタートとなりました。
そのかたわら、今真剣に転職活動しています。
勤めながらの転職活動は、時間的に厳しいです。
ハローワークが土日やっていないのが痛いショック
なんとかならないのかなぁ、ハローワークバッド
有休とって活動するしかなさそうです。

Busy!

最近いろいろ忙しくて更新を怠っていました。
会社では、仕事でパソコンばかりしているので、
家に帰ってパソコンの電源をつけるのがおっくうになってたりショック

慢性的に忙しいので、更新もまばらかもしれないですが、
このブログをやめることはないと思います。
いろいろ書いてみたいことや載せたい写真もあるし嬉しい

また、まとまった時間があるときに更新します鉛筆2

Thanks for reading my blog.
I'll write more articles in another free timeおはな
Many greetings to you! :-)

Hitomi

Difficulty of business translation

2回目の翻訳課題を出し終えました。

以前受講した、どの翻訳の分野にも通ずる基礎講座とはまた違った難しさがあります。
前のは、どの分野にも必要な知識を身につけるためのものでしたが、
文章は文学的なものが多く、表現に悩みました。

もうひとひねりしよう、とじっくり考えてぴったりの表現が思いついたときは、
ヤッタァ!と、やりがいを感じました。
通勤中にも考え、お風呂に入りながら考え…
なかなかしっくりこないときは、もどかしいものです。
でも、こんなのが文芸翻訳のやりがいなのかなぁとも思います。
堂々と言える立場じゃないんですが;

実務翻訳は、表現力よりも、いかに正確で読みやすい文章にするかに焦点をあてて訳さなければなりません。
確かに、ビジネス文書やマニュアルの文章を小説みたく何度も読んでじっくり味わう人なんていないですよね嬉しい
表現力豊かな味わい深いビジネス文書なんてあったら、それはそれで読んでみたいですが(笑)
なので、ポイントをおさえたらさほど難しいものではありません。
ただ、ひとつ私を悩ませるのが専門用語。
インターネットを駆使して、必死にリサーチするのですが、どう訳せばいいのかわからない言葉があったりします。
訳せても、これでホントにいいのかなあ…って思うものもあります。

理系の専門用語の辞典を買わないといけないかなあ。
理系の専門知識のない私は、調査力もあげなきゃですパソコン


Correspondence course of basic business translation

今月から、再び翻訳の通信講座を受講することになりました。
今度は実務翻訳の基礎講座で、ビジネスの現場において、かなり実用的な内容を勉強できると期待してます嬉しい
まだ基礎なんですが…
でも、なんでも基礎が大事ですよね。

前みたいに締切ぎりぎり提出なんてことにまたなってしまいそうですが、
6ヶ月間新たに頑張りたいです鉛筆2

SHOUGAKUSEI NIKKI

小学生日記
小学生日記hanae*

おすすめ平均
stars次作もぜひ読んでみたい
stars伝えようとする心
stars可愛いです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こないだの週末にさくさくっと読んだ私のお気に入りの一冊です女
なにげなく本屋で手にとって、ぱらぱらめくってみると、
なんだか面白そう*
で、即買うことにしました。
エッセイ風の作文あるいは日記がいろいろ入ってるんですが、
「ポテトサラダにさよなら」という題名に特に惹かれて購入決定しました。
題名だけじゃなくて、内容もとてもよかったです。
文章は、気取った感じは全くなくて、
さらさらっと自然な感じがとてもいいなと思いました。
小学生にしか書けないけれど、
小学生には書けないような文章です。
まっすぐな目線で書かれています。

最後の解説で、重松清さんもとりあげていたけれど、
私も「ポテトサラダにさよなら」の最後の一文が気に入りました。

<信号が青にかわり、私は、ゆっくりと自転車をこぎだした>

もっともっとhanae*さんの書いた文章が読みたい。
そんな気持ちになった一冊でした。

hanae*さんの次作を楽しみにしていますおはな

Airplane meal 2


もうひとつの機内食です。
パスタもサラダもパンもケーキも、どれもおいしかったです男

ごそごそカメラを取り出して機内食の写真とるの、
ちょっと恥ずかしかったあせあせ

Airplane meal with SUDOKU



下の数独ゲームがついてたランチボックスです嬉しい
右のホワイトソースのかかったえび入りのライスがとてもおいしかったです☆

それにしても、数独って難しいですね。
いまだに解けていませんショック

SUDOKU in the sky



今回のドイツの旅についてです男

オランダまでの行きしの飛行機、2回目の機内食は、紙製のランチボックスに入っていました。
さぁ食べようディナーとナイフ&フォークなどが入った透明のパックに目をやると、小さな鉛筆鉛筆2まで一緒に入ってました!

なんだこりゃ???何かの間違い?それとも落書きしたがる子供用に?

不思議な鉛筆…豚と思いながらランチボックスのふたを開けると、
ふたの裏にSUDOKU(数独)のゲームがついていて、
親切に切り目つきハサミで切り取れるようになっていました。

鉛筆がついている意味がやっとわかりました嬉しい
暇つぶしには持ってこいですね。
オランダならでは?のユニークなサービスです楽しい

ヨーロッパで日本人が考えたSUDOKUが大変人気を集めているという記事を読んだことがありますが、まさか空の上まで…曇り

SUDOKUは、各列縦横1〜9までの数字をそれぞれつじつまが合うように埋めるという大変シンプルなゲームです。

確かにヨーロッパで人気なようです。
ドイツの本屋さんにも、いろんな種類のSUDOKUの本がたくさん置いてありました。
発祥地の日本ではどうなんだろう?

私はやったことないんですが、これをちょっとやってみようと思います。
難易度はどのくらいなんだろう。

手元に答えがないので(箱の底に答えはついていました)、
全部自力でやらないと便箋鉛筆

My Nijntje came home

荷物が今日無事届きましたおうち

この暑さで、かばんの中は蒸し風呂状態でした。

衣類Tシャツジーンズのほかに、
チョコレートなどのお土産も入ってたのに…

お詫びとして、期限付き25ユーロ航空券割引券がついていましたチケット
この期間までに利用することはたぶんないだろうなぁ。

まぁ、荷物がなくなったわけじゃないので、まだよかったです男

Go home, my little Nijntje...

ドイツから無事帰国しました飛行機
今回の目的がドイツだったとはいえ、アムステルダム経由の飛行機だったので、オランダに行かずに帰国するのはなんだか後ろ髪を引かれる思いでしたペンギン

他にもいろいろ行きたい国はあるけど、オランダにまた行きたいなぁ…
スキポール空港に降りたのは、これで三回目ですが、
なんだか懐かしく感じました。

ところで、私の預け荷物がまだ戻ってきていません…
自分の荷物が出てくるのを待っていると、私の名前がアナウンスで呼び出されました。

なんだろう???とわけもわからず係員の人に声をかけると、
「大変申し訳ありません。お客様の荷物はまだアムステルダムの方にあります…」とのことでした。


航空会社のミスではあるけど、ドイツからアムステルダムまでの乗り継ぎ時間がわずかしかなかったというのもあるのかなぁ。
私自身も急いで乗り継ぎしましたジョギング

それとも、荷物にミッフィーのマスコットをつけてたので、
きっとミッフィーが故郷のオランダを懐かしく思って帰りたくなかったのかもおはな

| 1/10PAGES | >>