スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

BLOND AMSTERDAM

"BLOND AMSTERDAM"のホームページを見つけました虫眼鏡
(やっぱりブロンドヘアーの女性2人のブランドでした☆)

かわいいhttp://www.blond-amsterdam.nl/かわいい


素敵なものがいろいろ発見できそうです。
今度ゆっくり見てみよっとペンギン

Station Boxmeer



白い建物がおしゃれなボクスミア駅です女
Boxmeerには、オランダの友達ジョイスの実家があります。

一年前、ジョイスの結婚式でオランダを訪れたとき、
彼女の実家に泊めさせてもらいました。

ジョイスの実家はバーを経営していて、
またそのお店が趣があっておしゃれでした。
今はお父さんがバーを経営していますが、
将来はジョイスの妹さんがお店を継ぐそうです。

快く私と私の友達を受け入れてくださり、感謝感謝ですおはな

Advertisement in Holland 2



Live TV op je mobiel(=Live TV on your mobile phone)と、
テレビつきテレビ携帯の宣伝です。

Boxmeer(ボクスミア)駅で撮ったものです。カメラ
Boxmeerはとても小さな町で駅も小さいですが、
とてもおしゃれな建物でした。

私も携帯ケータイはVodafoneなんですが、
だんだん周りからVodafoneの人がいなくなってさみしいです。悲しい
でも、私はVodafoneを貫き通します。
(そろそろ会社が変わってしまいますが…)

ちなみに、オランダの友達はOrangeという会社の携帯だそうです。花
聞いた話だと、Vodafoneは値段が高いので、オランダでは携帯会社はOrangeがポピュラーみたいです。
Orangeという名前自体、オランダらしいですよね嬉しい
(でも、本社は別の国だったかな?)
日本でいえば、イメージ的にはauのような感じなのかな。

Advertisement in Holland 1



オランダの駅(おそらくネイメーヘン駅)で撮った広告です。
今気がついたんですが、こんなカラフルなアクエリアス、
日本にはないですよね?

海外の食べ物&飲み物ってカラフルなものが多いですよね。
なんでこんなにカラフルなんだろう…って思うくらいカラフルです。

ニュージーランドのスーパーでピンク色のケーキかわいいが売られているのを見ました。
ピンク色はいちごを連想させるので、まだおいしそうに見えました。
でも、その隣に並べられた真っ青なケーキ新月を発見した時は、
一気に食欲をなくしました冷や汗
(本当にこの絵文字のように青かったです。)

飲み物(ソフトドリンク)も、絵の具を水で溶いたかのように、
いろんな色アートがあります。
赤、青、黄色、緑、紫…
何でもありです。

欧米のものって何でも原色使いが多くて、カラフルではっきりしています。
シンプルだし、見ると明るい気分になるし、そういうの大好きなんですが、
何でもカラフルにすればいいってもんじゃないと思います嬉しい

体にはよくないんでしょうけど、それも欧米文化ですよね女

Yellow & blue train



オランダの電車は黄色と青がトレードマークですトレードマーク
電車(train)はオランダ語で'trein<トレイン>'と、英語とスペルが違うだけで
発音はほぼそのままです。

日本の電車よりもゆったりとしています。
さすが自転車王国、自転車を車内に持ち込むことができます自転車

犬もオーケーなのかな?
(In Holland, is it okay that you get in train with a pet dog?)
私が一人で乗っているとき、通路をはさんで隣の席の人がでっかい犬を連れて乗っていました。
介助犬とかではありません。ペットの犬です。
やんちゃな わんこ犬で、時に大きな声で吠えていましたが、
私のところまでやってきたので、よしよし、となでた覚えがあります嬉しい

動物が大好きな私にはほほえましく感じられましたが、
日本では考えられないことでしょうねバッド

It's So Chloeder!!

前記事に書いた私のオランダ人の友達、クロエのブログです。
ぜひ覗いてみてください☆

nextIt's So Chloeder!!

日本大好きなクロエが書いています。
オランダ語で書いていますが、オランダの写真なども
見ることができます男

クロエは浜崎あゆみなどのJ-Pop、アニメ、キティーちゃん、
その他日本の文化が大好きです。
(J-Popは私よりずっと詳しいかも嬉しい
物語を書いたり、写真を撮ったりするのが好きで、
ブログにもたくさんの文章(何て書いてるかわからないけど;)
や写真があります便箋鉛筆カメラ

Made friends in the train



これはオランダの電車での、私の一番の思い出です。

三年前、ジョイスというオランダ人の友達の家に約三週間滞在させてもらっていたときのことです。(ジョイスのことについては、また改めて書きたいと思っています。)

アムステルダム市内で一人旅を楽しんだ後の夜、私はアムステルダムからネイメーヘンまで電車で帰っていました。そのとき、私は日本語で書かれたオランダの旅行ガイドブックを読んでいました。

途中の停車駅で人がぞろぞろ乗ってきて、私の隣の席に一人の女の子が座ってきました。
私は特に気には留めずにガイドブックをパラパラとめくって読んでいました。

女の子はヘッドホンで音楽を聴いていたのですが、音漏れがしていたので私にも音楽が聞こえてきました。

あれ、この曲どこかで聞いたことのある曲だなあ。
あ、宇多田ヒカルだ。

そんなことを思っていると、その女の子は私の日本語のガイドブックを見たのでしょう、こう話しかけてきました。

'Excuse me, are you from Japan?'(すみません、日本の方ですか?)

'Yes'(そうです)と私が答えると、女の子は「私、日本にとても興味があるの」などと英語で話し、そこから会話が始まりました。

オランダや日本のこと、そしてお互いのことなどを話しました。
その女の子の名前は Chloe(クロエ)といい、クロエはスキポール空港でアルバイトをした後、自宅のあるArnhem(アーネム)まで帰っている途中でした。

お互いEメールアドレスを交換しあい、クロエはアーネム駅で降りました。

そのときの滞在中には会えなかったのですが、メールや手紙、メッセンジャーのやりとりで親しくなり、今ではいいお友達ですおはな

一年前に、もう一人の友達のジョイスの結婚式でオランダに行ったときには会うことができました☆
そのとき、Kirstie(キルスティー)という10歳のかわいい妹さんにも会って一緒に遊ぶことができてうれしかったし、楽しかったです。

キルスティーはおてんばでかわいらしい反面、すごくしっかりしていてすごいなと感心しました。日本に連れて帰って自分の妹にしたいなあと思ったくらいかわいかったです嬉しい

それにしても、人との出逢いってどこであるかわからないですね。
世界中にたくさん人がいる中で、自分の人生で出逢える人の数ってすごく限られています。
一つひとつの出逢いを大切にしたいな女

Vertrek van Nijmegen




ネイメーヘン駅プラットホームの発車時刻掲示板です。
ネイメーヘンはオランダ南東部にある街です。

vertrek<フェアトレック>=departure(発車)という単語は、交通機関でよく見かけました。
オランダ語・旅行の重要&頻出単語・・・かな?

Intercityというのは、いわば快速列車です。

写真は、Den Helder(デン・ヘルダー)行(確かオランダ北部辺りの街)ですが、その間、Arnhem<アーネム>(アーネム)、Utrecht Centraal<ウートレヒト セントラール>(ユトレヒト中央*オランダ語では'ウ'にアクセントを置いて'ウートレヒト'と発音しないと通じません…)、Amsterdam Amstel<アムスタダム アムステル>(アムステルダム・アムステル)、Amsterdam Centraal<アムスタダム セントラール>(アムステルダム中央)など、主要な駅にしか停まりません。

Spoor 3/4



オランダの電車や駅について、しばらく書いてみようかなと思います男

写真は、ネイメーヘン駅(Station Nijmegen<スタツィオン ネイメーヘン>)構内です。

Spoor3/4というのが見えますが、'spoor'は'track'という意味です。
階段渡ると3/4番線があります。

煉瓦造りで素敵です女
ヨーロッパは現代的なシステムを取り入れながらも、
歴史的な景観や建物と見事に調和させていて、すごいなと思います。
景観まで考えるといろいろコストがかかるのだろうけれど、
日本もぜひ見習ってほしいなぁ。

そういうところに本当の豊かさがあるような気がします。

Station Nijmegen met de grote friet :D



こんなところにもポテトが…嬉しい
ネイメーヘン駅構内です。
この写真はお店閉まっていますが、カフェですホットコーヒー

オランダの駅構内は(ヨーロッパはたぶんどこもそうだと思うけど)、
改札口がないので、切符を買わなくても構内には自由に出入りできます。

切符は乗車中、車内改札にまわってくる車掌さんに見せてはんこを押してもらうシステムです。

| 1/2PAGES | >>